新郎新婦

結婚指輪を買うなら慎重になるべき|一世一代の買い物

結婚式の服装

レディー

妊娠中に、親しい友人や親戚の結婚式にお呼ばれされることは、珍しくありません。おめでたいことは重なるもので、特に20代後半や30代前半の人にはこういった経験は多いのではないでしょうか。体調が良ければ喜んでお祝いに駆け付けたいものの、気になるのは、やはりドレスです。マタニティドレスは、胸周りや腰周りがゆったりとした作りになっているので、妊娠中の体型を無理なく美しく見せてくれます。今では、マタニティドレスの種類も豊富にあり、おしゃれなデザインのものから、一部にサイズ調節ができるものまであります。また、産後の授乳に備えたものまであるので、大事なお祝いに安心して出席することができます。インターネットのサイトを利用すると、店頭を探し回るよりも手軽に見つけることができます。種類も豊富に取り揃えられているので、自分好みのドレス探しが可能でしょう。

マタニティドレスを選ぶ時には、ドレスを着る時の妊娠周期に合わせて選ぶことで、より素敵に着こなすことができます。注意したいのは、バストやお腹のサイズは周期が進むと膨らんでくるということです。特に、妊娠後期には、急激にお腹が膨らんできます。胸元がキュッと締まったタイプのものは、綺麗なシルエットに見せてくれる効果がある反面、当日になって着てみるとバストが苦しく感じることがあります。胸元が圧迫されると、つわりなど体調が悪くなってしまう原因にもつながりかねないので、気をつけましょう。また、お腹が膨らんでくると、その分だけ生地が引っ張られてしまい、ドレスの丈が上がってしまうことがあります。いつもよりも3cm長めのものを選ぶと、座った時にも安心です。サイズが心配な人は、マタニティドレスをレンタルすることでサイズ変更にも慌てずにお勧めです。